【上の「ソ」の音ガラガラなっちゃう人】😓サックス吹くと、変な音になって嫌になってしまうを解決🎷

いい音

brand

サックス初心者の方が陥ってしまう上の「ソ」の罠、一緒に脱出するための4つの方法!

この記事を読んで欲しい方

  • サックス初心者
  • 上の「ソ」の音がガラガラ変な音になってしまう
  • その音が汚いと感じてしまう人
  • 良い音になりたい人

サックスの「上の「ソ」の音がガラガラ変な音が鳴って困っています。どうしたらいいんでしょう💦

(サクト)
(サクト)

サックス始めたばかりの方の練習でこのような悩み多いですよね、、でも大丈夫です!簡単に解決する方法を教えますよ😊

目次 contents 

1、上の「ソ」の音がガラガラなっちゃう原因

2、ガラガラをストップするため4つの方法

3、ガラガラのメカニズム

4、まめ知識

saxophone

上の「ソ」の音がガラガラなっちゃう原因

結論

上の「ソ」の音を鳴らす体の状態になっていないことが原因です

原因として4つの項目をあげました

あなたは何の場合かに当てはまっている可能性があります

確認してみましょう

  1. ノドの奥が広く筋肉が緩んでいる→息のスピードが遅い
  2. 下アゴが下がり気味→高音域でのリードが振動しづらい位置になっいる
  3. 息をたくさん吸っていない→息の量が足りない
  4. マウスピースのをくわえる位置が奥すぎる→リードの振動する位置が悪い

いかがでしょうか

以上の4つの1つでも当てはまると、ガラガラになってしまう可能性が高いです

それでは次にどのようにしたらこのガラガラをなくすることができるか見てみましょう

ガラガラをストップするため4つの方法

結論

ガラガラをストップするためには、高い音を出す時の口、体の状態にすると改善します

先ほどのガラガラ原因の確認項目で当てはまったポイントを、具体的に改善する方法を見ていきましょう

  1. ノドの奥は少し締めるイメージ緊張→息のスピードが速くなる
  2. 下アゴは下がらないようにする→リードの振動しやすい位置を改善する
  3. マウスピースをくわえる位置を少し前にずらす→リードの振動位置を改善する
  4. 息をたくさん吸う→十分な息の量を確保する

注意点

下アゴを下げないようにの意味は、強く噛むことではありません

噛んでしまうとリードの振動を抑えてしまい、サウンド自体にが「こもった音」になる傾向が強くなります

おすすめ簡単ポイント

12の息のスピードを速くするための簡単ポイントがあります

顔の「眉毛をあげる」ことで、下アゴ、ノドの奥が少し緊張状態になり、息のスピードが速くなります

非常やってみてください

ガラガラのメカニズム

結論

サックスの音は倍音が含まれているため、適切な身体の状態になっていなければ、下の「ソ」なのか上の「ソ」なのか楽器はどっちを鳴らしたらいいのか、迷った状態になってしまう

サックスの音は一つの音ではなく、その成分の中には倍音という他の音の成分が混ざっていることを別の記事で解説したことがありますので、参照してください

適切な身体口の状態になっていなければ、下の倍音である下のその音が強調されてしまい楽器としては、どっちの「ソ」を鳴らしたらいいの?と迷っている状態、これがあのガラガラの正体です

ここで知ってほしい、大切なことがあります

「オクターブ・キー」は押すと自動でオクターブ上に上がってくれる「魔法のキー」ではありません

オクターブ上の音を出しやすくするためのキーで、あくまでも補助的な役割なのです

最終的に音を決めるのは、人の意識と身体の状態コントロールで決まるのです

Octave-key

コントロール次第では、オクターブ・キーを押しているのに下の音を出すということも、できてしまうのです

サックスの音というのは、サックスの楽器自体が半分作り、人間が半分作るものです

大切なポイントになりますので是非覚えてください

サックスのアンブシュアは基本的に同じ形ですが、ノドの奥の広さや息のスピードは、音域によって変える必要があることを、ぜひ覚えておいてください

まめ知識

結論

無駄な音は何一つない

一見、ガラガラの汚い音に聞こえる音も、あえてそれを使う音楽があります

それが、ジャズです

特にフリー・ジャズまたは、一部のポップスやファンクなんかでもありでしょう

ジャズでは、テナーサックスの巨人、ジョン・コルトレーンが倍音を使った「ハーモニク」(Harmonique)という曲があります

1)Little Old Lady 2)Village Blues 3)My Shining Hour 4)Fifth House 5)Harmonique 6)Like Sonny 7)I’ll Wait And Pray 8)Some Other Blues
ts)John Coltrane p)McCoy Tyner(on 2 only) p)Wynton Kelly b)Steve Davis(on 2 only) b)Paul Chambers ds)Elvin Jones(on 2 only) ds)Jimmy Cobb
Recorded: Nov. 24, 1959(1, 7) Dec. 2, 1959(3~6 & 8) Oct. 21, 1960(2) Producer: Nesuhi Ertegun Atlantic Label

その名の通り単音楽器であるはずのサックスから、二つ三つの音を同時に発生させて音楽を奏でるというとんでもない音楽です

この演奏方法をコルトレーンに教えたのはジャズピアニストで有名な、セロニアスモンクがサックスの構造をみて、こうすればこういう音が出るというのを教えたという話があります

少し、「都市伝説的」な感じもしますが、理解できないわけではありません

単調になりがちな音楽に、強いインパクトを与える時、又音楽そのものが混沌としたカオスをイメージした曲であれば、いわゆる汚い音を使うことも非常に効果的な場面があります

chaosカオス・イメージ

世間一般的には嫌われがちなガラガラの音も、決して無駄な音ではない

サックスの音に無駄な音はひとつもないと、とらえることもできます

非常に奥が深いですね

 

今回のまとめです

上の「ソ」がガラガラになってしまうのは

  • 息の量
  • 息のスピード
  • リードが振動する位置

が非常に影響が大きいことを見ました

ガラガラを改善するために

  1. ノドの広さ
  2. 下アゴの位置
  3. マウスピースをくわえる位置
  4. 息をたくさん吸うこと

が大切でした、そのほかにも

ガラガラは、楽器が迷っている音

オクターブ・キーは「魔法のキー」ではない

サックスの音は半分楽器、半分人間で作る

以上のことを、ぜひ覚えておいてください

それでは頑張るあなたを応援します

やっぱりサックス、いいね👍

SAXT

それではまた

(サクト)
(サクト)

楽しんでサックスを吹いて、幸せになりましょう!また各SNSで、無料でお悩み相談を受け付けていますので、小さなことでも聞かせていただきます。教えてください。よろしくお願いします!!🎷

頑張るあなたを、私は応援します

それでは今回はこれまで

この記事を最後まで見ていただき

ありがとうございました!

それでは、また、、

HAPPY SAX STYLE

~幸せになるためのサックス道~

サクトでした

saxt

good

応援していただけると、うれしいです


にほんブログ村 クラシックブログ サックスへ
■ サクト フェースブック
https://www.facebook.com/saxt50saxt

■ サクト ツィッター
https://twitter.com/saxt50saxt

■ サクト インスタグラム
https://www.instagram.com/saxt50saxt

ユーチューブでジャズの難曲「ジャイアントステップス」吹きまくり動画アップしてます

よろしくお願いします

ハッピー・サックス・スタイルコースをお届けします サックス初心者のための知っておくべき大切な情報

もう、リードすくないですよ

そろそろ、付属のマウスピースもうやめましょう

平日の気軽に「ちょい吹き」練習に最適サックス









コメント

タイトルとURLをコピーしました